文字サイズ
背景色

047-308-8545
090-8563-0606
営業時間 09:00〜21:00(20:00)
定休日 水曜

お問い合わせ 

メニュー

ホーム > ブログ&お知らせ > 芦屋のひまわり

芦屋のひまわり

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月19日

こんにちは

SleepingBeautyの渡辺千尋です。

 

元号が平成から令和へと変わってもうすこしで2か月が過ぎようとしています。

ブログの更新が遅くなりました。

今月からまたマメに更新しようとおもいます。

さて、皆さんは初めて「令和」の言葉を聞いたとき、どんな感じがしましたか?

最初に感じた感覚が新しい時代を示唆します。

ちなみに私は初めて「令和」という言葉を聞いたとき、

宇宙とつながって未来が見えてくるような感じがして

まさか、万葉集から持ってきた言葉とは感じませんでした。

 

人それぞれ何を感じても、それは自由!

ご自身で望んでいる未来を作り上げていきましょう。

 

 

またしばらく間が空きましたが、

家出娘の続きを投稿しようと思います。

 

1/12。とうとう帰国の日です。

C先輩一家と我が家で羽田空港に行き、出発ゲートで見送りました。

C先輩とは2月に会えますが、、長女とはしばらく会えません。

Aちゃんは涙を浮かべて、長女とハグしてお別れです。

 

Aちゃんの日本語能力と、長女の英語能力には差を感じましたが、

2人が鏡であるとするならば、長女のオーストラリアでの様子が

微笑ましかったかもしれないと思えるような体験を

Aちゃんが感じさせてくれたことに感謝しています。

 

今日のタイトル

「芦屋のひまわり」はAちゃんが留学するまえから、

学校の美術の授業でずっと描いていた作品です。

美術の授業で絵画の模写があり、到底授業内では終わらない内容だったので

長女は、朝4:30に起床し、勉強と部活の両立をして

やっとの思いで完成した産れて初めて描いた油絵。

 

私は絵を描くことは苦手だし、絵心もないのですが、この作品を見ると

仕上げるまでの努力が伝わってきて、胸が熱くなります。

 

美大卒の姉(現在は敏腕鍼灸師)がこの絵をみて

「額縁をつけて玄関に飾るといいよ」

と言ってくれました。

 

そう、姉が高校生の時、父が実家の玄関に姉の絵を

額縁に入れて飾っていました。

その時の父の気持ちも感じることができ、同時に父や娘

その2人に関連する人達全員への感謝の気持ちが溢れてくるのです。

 

そしてAちゃんを感じることができます。

 

絵や言葉は初めて見た時、聞いた時に感じた感覚がご自身の感覚になります。

その感覚に正しいとか間違えはないのです。

 

我が家の芦屋のひまわり(笑)は玄関に飾ってあります。

是非見に来て、感想をお聞かせください。

私の癒しになります。

 

 

SleepingBeautyでは

10月2月受験アロマコーディネーターライセンス取得講座

の生徒を募集しています。

アロマテラピーに興味がある方は「体験アロマテラピー教室」はいかがですが?

 

お申込みはHOMEのお問合せをクリック