文字サイズ
背景色

047-308-8545
090-8563-0606
営業時間 09:00〜21:00(20:00)
定休日 水曜

お問い合わせ 

メニュー

ホーム > ブログ&お知らせ > 我が家の1年間受験戦争(長女編⑨)

我が家の1年間受験戦争(長女編⑨)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月1日

こんにちは

Sleeping Beauty の渡辺千尋です。
我が家の1年間受験戦争⑤
我が家の1年間受験戦争⑥
我が家の1年間受験戦争⑦
我が家の1年間受験戦争⑧
続きです。
第2希望のM大から第1希望のW大受験までは4日。
その間にD大(第6希望)とB大(第5希望)の発表があった。
長女は18年の人生で1番辛い毎日を送っていました。
私も48年の人生で1番辛い毎日を送っていました。
私は自身が辛いのではなく、長女と次女が辛いのを見るのが、辛いのだ。
私「Mちゃんは今が人生で1番辛いんだって」
次女「じゃあ2番目に辛かった事ってなぁに?」
長女「えっ?何かなぁ?今が辛くて思いつかないけど。あっ修学旅行かな」
次女「Sに言われた時じゃないんだ」
長女「あー思い出せなかったよ」
私もその時、次女と同じ事を思っていました。
18年の人生で2番目に辛いのはSにコテンパに言われた時じゃないんだと。
この子は1年間必死で勉強し、その想いを消化して行ったんだ。
D大の発表をパソコンの前で長女と一緒に確認した。
不合格。これで3つ目。
D大はセンター利用した大学だ。
模試ではK大もD大もA判定だったのに
この時点で私はかなりヤバイなと感じてハートがドキドキしてきていました。
長女も同じ事を思っていたが、口にはしなかった。
長女「私はW大受験まで1校も決まってなくても、お母さんが死なない限りは絶対に大丈夫。
W大だけ合格すればいいんだから」
彼女は自分自身を必死に奮い立たせていたのだろう。
そして、予備校に電話します。
合否の報告は不合格の場合には本当に酷な作業です。

だって彼女はまだ不合格しか報告していない。
彼女は不合格をみても、決して泣かなかった。
『私が行きたい大学はW大だ』
と言う強い想いが彼女を支えていたように私にはみえました。
そして、長女はこの日もサッと頭を切り替えて勉強する。
W大受験前日、私が倒れてしまった。
頭痛と吐き気で起き上がれなくなってしまったのだ。
この日はB大の発表日。
10:00に発表だったが、私は起き上がれなかった。
もう、不合格を見たくなかったんだと思う。
長女は1人で確認して、予備校に電話をするときに、やっとの思いで起き上がったら、合格だった。
初めてもらった合格
私は涙が溢れました。
長女は第1希望の前日にやっと合格を頂けたのだ。
やっと予備校の先生に合格を伝えられた。
私はこの日、ずーっと頭痛と吐き気で何も出来ずにベットで過ごしていた。
そして夜、こんな会話をした。
 私「Mちゃんはこの1年間、本当によく頑張った。 大切なのは結果じゃなくて、そこに至る過程だよ。
あれだけ頑張れたのだから、もうあなたは大丈夫。
どこへ行っても何でもできるよ。Mちゃんはお母さんの自慢の娘だよ。とても誇りに思う。S先生との事も自分の中で解決出来たんだね。偉かったね。
今日、お母さんの具合が悪くなってごめんね。
明日はリラックスして行ってらっしゃい」
長女「私はW大の発表の日に受かっても落ちても学校に報告に行くよ。担任の先生とS先生にお礼を言いに行くって決めてるんだ」
彼女はこの1年間、ずーっと勉強して自分自身と向き合ってきました。
わからない問題があり、全部間違えていても、出来る様になるまで何度も何度もやり直した。
落ち込んだり、後悔したりする時間は勿体ない、気持ちを切り替えて、とにかく前を向いてやり続ける。
それと同時に感謝をするってどう言う事なんだろう?
と自分自身に問いかけていたのでしょう。
明日は名門中の名門。
全国の受験生が憧れのW大
そして、人生最後の大学受験の日。
長女の実力が存分に発揮できる事を願って私は浅い眠りについた。
⑩に続きます。
Sleeping Beauty では
10月受験
JAAアロマコーディネーター資格取得講座
生徒募集中です
受験生にオススメの精油も教えます。