文字サイズ
背景色

047-308-8545
090-8563-0606
営業時間 09:00〜21:00(20:00)
定休日 水曜

お問い合わせ 

メニュー

ホーム > ブログ&お知らせ > お別れの時

お別れの時

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年8月11日

昨日のブログの続きになります。

お読みいただきありがとうございます。

 

オーストラリア短期留学の長女は

今日、ホストファミリーとお別れして、シドニーに向かいました。

空港でホストバディとの写真です。

ここで少し私の話をします。

私の実家は母の実家の近所にありました。

私の母は毎日ではなかったのですが働いていたので、私は小さいこ頃から母の実家に預けられていました。

1つ下の仲良しの従姉妹がいたので、いつも一緒に遊んでました。

 

お盆とお正月には東京に住んでいる3姉妹の従姉妹が泊まりに来るので、その時には私も母の実家に泊まりに行きました。

普段は家が近いので、泊まりません。

当時小学生だった私と1つ下の従姉妹は東京の3姉妹と遊ぶのが最高に楽しくて、夏休みと冬休みのイベントになっていました。

従姉妹はいつも2泊で帰ります。

東京の従姉妹が帰った後、私も家に帰ります。

あるとき1つ下の従姉妹に

「ちろちゃんはいいね。帰る家があるから。私はちろちゃんが帰った後、いつもすごく寂しい。」

と言われました。

それまでの私は自分も見送る方だと思っていたから、私が帰った後の従姉妹の気持ちは考えたことはありませんでした。

 

今回長女を迎えてくれたホストファミリーは留学生を迎え入れたのは何人目だったのか私はまだ知りません。

ただ、帰りの荷造りをしたときは長女もホストファミリーも寂しかったでしょうね。

 

「私は人をどれだけ受け入れているかで、自分自身をどれだけ受け入れているのかを知る。」のです。

 

空港での笑顔の写真

泣かずにお別れできたのかな??

今はWiFiが世界中で繋がっていて、私が小学生だった時の東京より、シドニーの方が近いんだなと感じました。

またまた明日に続く。。。